"不眠症"を知る事でぐっすり眠れるようになる!

 

皆さんは不眠症と聞いて、何をイメージされるでしょうか?

 

 

 

文字から受ける印象からすれば、『眠れない』とか『眠らない』と捉えることができます。

 

眠らない体質、という方も稀にいるそうですが、このサイトで定義される不眠症とは、
眠れない体質の方を指しています。

 

『眠れない』と耳にすれば、日々快眠を続けている方にしてみると、どうして不眠症になってしまうのか、
理解し難い問題かもしれません。

 

しかし、どうして花粉症になったのか?
と問い掛けられて、「何も私は好きで花粉症になった訳じゃない」と答えるのと同様に、
不眠症の方だって、好んで不眠症になった訳ではないのです。

 

不眠症の苦悩

周囲の方が、すやすやと寝息を立てて眠っている最中に、人知れず、悶々と布団の中で睡眠と格闘する。

 

これは当の本人にしか分かりようのない苦悩であり、不眠症を患ったことのない方には、到底こうした苦しみを共有することはできないでしょう。

 

不眠症とは、病です。
病気である以上は、治療し改善する必要があります。
そしてこの不眠症は、我々日本人の5人に1人が症状を訴えるように、誰にとっても縁遠い病気ではないのです。

 

 

不眠とちゃんと向き合おう

どんな病にせよ、一番の大敵は、素人のセルフジャッジによる安易な判断です。

 

病は気からと言いますが、それだけでは解決できない現状があることも事実です。
 
もし今現在自分が不眠症かもしれないと疑っている方や、不眠症だという自覚を持っていながらも、日々の生活に追われ、何の対策も着手していないような方は、ここで一旦気持ちを切り替えて、不眠症に関する知識を得ることです。

 

その上で、今の自分に何が必要なのか?
医者の必要性の有無を含めて、この先自分はどうやって対処していくべきなのかを考えてもらえると幸いです。

薬に頼らない不眠の解決方法

何かと忙しい現代人。

遅くまで残業して、その後同僚と飲みに行き、終電で帰宅して急いで寝る支度をする。
それでも、お酒の興奮やら来週のプレゼンのことを考えてしまってどうも寝つけない・・・
気づいたら起床予定の時間まであと3時間で、余計に焦って眠れなくなる。
そんな負のスパイラルに陥って睡眠不足を経験している方は多いのではないでしょうか。
これがほんのたまに、という程度ならさほど問題ないのですが、週の半分以上このような生活をしていたり、仕事のストレスを抱え込んだりしていると、どんどん不眠への泥沼にはまってしまいます。

 

けど病院には行く時間はないし、薬にも頼りたくない。
そんな方はサプリメントの力を借りてみてはいかがでしょうか。
サプリメントは薬と違い、副作用がないものがほとんどですし、効き目もゆるやかです。
成分は、心をリラックスさせるためのGABAやトリプトファンといったアミノ酸や「眠り草」と呼ばれている沖縄の植物「クワンソウ」が配合されているものが多く、自然と眠りを誘ってくれます。
 

 

いろんなサプリメントがある中でも私がオススメするのは「ネ・ムーンプラス」
というサプリなのですが、こちらはその先ほど挙げた成分だけでなく、
スーパーポリフェノールと呼ばれるレスベラトロールビタミンE・Cなどが配合されていて、っているときにしっかり疲れを癒してくれるようになっているのです。
 
ただ眠りを誘うだけではなく、寝ている間に体の回復をサポートしてくれる何ともうれしい効果が期待できます。

 

しかも、お酒を飲んだ後に飲用しても問題ないようなので、「飲み会が多く、お酒のせいで眠りが浅くなって困っている」という方にもうってつけです。

 

しっかり寝て、翌日スッキリ快適に過ごしたい!という方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

>>ネ・ムーンプラスの詳細はこちら<<